自費治療|ED・AGAの治療、アンチエイジングなら、練馬区石神井町の内科、
石神井公園駅前えんじゅ内科クリニック

当院では、メンズヘルス外来(ED・AGA)や、アンチエイジング専門医
による抗加齢治療に力を入れています。

〒177-0041
東京都練馬区石神井町3丁目24-7 岩田ビル3階

西武池袋線「石神井公園駅」西口より徒歩0分

自費治療

カラダチェック

毎日の食事や生活習慣が、あなたの健康なカラダを支えています。忙しい日々につい後回しになったり、忘れがちになったりしていませんか?

自宅で居ながらにしてカラダの状態を知ることができる、「カラダチェック」シリーズを導入しました。 自宅郵送キットを購入して自分で採尿・郵送することもできますし、当院で尿を取れば、あとは結果を聞きに来るだけです。
当院は、株式会社ヘルスケアシステムズ外部リンクマークより正規の受注検査を行っております。

カラダチェック

結果を郵送、外来でお知らせします

いくら簡単な検査キットでも、全部ご自身で行うことが楽な人ばかりではありません。

・自分で尿を取るのは面倒だし、どうやったらいいの?
・きちんと取れているか不安…
・スマホで登録するのがむずかしい、面倒臭い…
・結果が自宅に帰って来るのはいいけど、それからどうするの?

そういった声もあり、当クリニックでは「カラダチェック」シリーズを院内で販売、結果を郵送して、外来でお知らせします。カラダチェックでは、普通の血液検査ではできないことを気軽に調べられます。

カラダチェックシリーズのご紹介

エクオール検査「ソイチェック」

ソイチェック商品画像

大豆イソフラボンと腸内細菌がつくリ出す、スーパーイソフラボン「エクオール」。
エクオールは女性ホルモンに似た構造で、女性ホルモンの代替物質として用いられます。
しかし、エクオールを体内で作り出すことが出来るのは、日本人ではほぼ2人に1人といわれています。
ソイチェックは尿中のエクオールを測って、自分で作れているかどうかが分かります。

エクオールを作り出せない方、女性の更年期障害でお悩みの方に、
エクオールのサプリメント「エクエル®」(大塚製薬の正規品)も同時にご提案いたします。

価格:4,000円(税込)

減塩検定「シオチェック」

シオチェック商品画像

世界的にみても日本人は塩分の摂りすぎといわれています。
塩分の取り過ぎは高血圧や脳卒中につながり、最近では胃がんとの関連も報告されています。
高血圧があって、減塩対策に取り組んではいるものの、「じゃあ、一体どのくらい減塩できてる?」と答えられる人はまずいないでしょう。
シオチェックは普段、どのくらいの食塩を摂っているかを尿から判定します。

価格:2,000円(税込)

酸化ストレス検査「サビチェック」

サビチェック商品画像

カラダのサビ(=錆び)つきとは、活性酸素による体内のDNAが酸化する現象を指します。
サビつきは「病的老化」の原因の一つでもあり、食事や生活習慣を見直し、最近よく取り上げられる「抗酸化作用」のある食品やサプリメントを飲むことでサビつきを遅くすることができます。
尿中の酸化したDNAを測定し、「錆びつき度」をチェックします。

価格:4,000円(税込)

腸内環境検査「腸活チェック」

サビチェック商品画像

最近その重要性が指摘されはじめた"腸内フローラ"。
調べる方法はありますが、どれも保険が利かないし、非常に高価です。
腸内環境が悪くなると、悪玉腸内細菌が増えて「インドール」という物質が増え、内臓や結果へのダメージや体臭の元になるという、困った物質です。
そのインドールが代謝された物質を尿から調べることで、腸内環境を間接的に知ることができます(腸内フローラを直接調べる検査ではありません)。
この検査は本来オンラインサービス限定ですが、当院で検査受託しておりますので、採尿および結果説明を当院で行います。

価格:3,000円(税込)

2019年(令和元年)8月より
検査受託を開始いたします
(要予約)。

あらかじめお電話にてご連絡いただき、
どの検査をご希望されるかなど、詳細をご相談ください。

※自費診療につき、初診料(初回カウンセリング;身体の状況、検査や食生活に関する相談、検査についての説明を含む)1,500円となります。
※自費再診料(結果説明等)については、ソイチェックの場合に限り商品購入された場合は無料となりますが、結果説明のみの場合は500円頂戴いたします。
あしからずご了承ください。

サプリメント
(クリニック限定・
医療用サプリメント)

女性の身体の変化、とくに更年期に有用とされるものの一つに、大豆イソフラボンが挙げられてから久しいですね。
一時期ブームになりましたが、あまり実感しないという声も多かったようです。
実は、女性更年期に有用とされているのは、大豆イソフラボンが腸内細菌によって変換される「エクオール」という成分なのです。
しかしながら、腸内細菌がエクオールを作れる人は、日本人では約半数と云われています。
つまり日本人女性の2人に1人は、大豆イソフラボンをいくら食べてもエクオールを作ることができません。

そこで、大塚製薬が独自に乳酸菌を用いてエクオールを生成する方法を開発し、エクオール高含有サプリメント「エクエル®」を発売しました。
更年期の諸症状にお悩みの方は、まずはカラダチェックの「エクオール検査」で自らの力でエクオールを作れるかどうかチェックし、作れない場合は「エクエル®」を始めてみてはいかがでしょうか。

エクオール(女性ホルモン類似物質)含有サプリメント

エクエル®(大塚製薬)

エクエル商品画像

当院は大塚製薬「エクエル®」外部リンクマークの正規品を受注販売しております。
これ以外の他社の類似品はお取り扱いしておりません。

価格:

ボトルタイプ(112粒)
/1日4錠で28日分
パウチタイプ(120粒)
/1日4錠で30日分
4,000円(税込)

※当院でソイチェックを受けた方(既にご自身でソイチェックを購入して受けられた方でも可)が再診され、結果説明をお受けいただきエクエル®などの商品を購入された際は、再診料は商品代金に含まれます。

メンズヘルス外来
(ED・AGA)

男性特有疾患として、一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因で思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていくAGA(男性型脱毛症)や、年齢を重ねるごとに誰もがなり得る症状であるED(勃起不全)の治療を行っております。進行をおさえるためには早めの対処が有効ですので一人で悩まず、まずは当院までお気軽にご相談ください。

メンズヘルス外来

ED(勃起不全)

ED(勃起不全)とは、「勃起機能の低下」を意味します。専門的には「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態」と定義されており、痛みもなく生命を脅かすこともありません。動脈の拡がりが十分でない場合や勃起にかかわる神経にダメージを受けている場合、EDが起こりやすくなります。

ED(勃起不全)

EDの種類と原因

心因性ED
不安、緊張過多、ストレス、人間関係などの心理的な問題や神経症など精神的な問題が原因で起こります。
器質性ED
血管、神経、内分泌環境などに原因するEDで、喫煙や糖尿病、心不全、高血圧、動脈硬化などが発生に深く関連します。
混合型ED
心因性、器質性が混合しており、いずれにも分類できない病態。
薬剤性ED
普段から常用している薬の副作用が原因で起こります。

EDのセルフチェック

このような症状は
ございませか?

  • 勃起するまでに時間がかかってしまう
  • 勃起の持続時間が短い
  • 性交渉の途中で萎えてしまう
  • 日によって勃起しないこともある
  • 性欲はあるのに興奮しても勃起しない

上記のような症状がありましたら、EDの可能性がございますので、一度ご来院ください。
当院は日本Men’sHealth(メンズヘルス)医学会所属の男性医師による治療を行なっております。

EDの治療

主なEDの治療薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスの3つでいずれも勃起の際の陰茎の血管拡張を助ける薬です。

バイアグラ
ED治療薬として世界で初めて製品化された薬であることから世界的に有名で安心感があります。最大4時間程度まで効果が持続します。
レビトラ
水に溶けやすく速効性があり、持続時間も5時間~10時間程度と長く、糖尿病、前立腺ガンの治療後の方でも効果が現れやすいです。
シアリス
特長として薬の効果は最大36時間持続するとされ、1錠飲めば1日以上効果が持続します。水に溶けにくい性質のため、勃起効果も徐々に効いてきます。

※効果により勝手に勃起するお薬ではなく、性的欲求があった上で性的刺激がなければ勃起はしません。

AGA(男性型脱毛症)

AGAとは主に30~50代の男性に多く見られる「男性型脱毛症」のことです。薄毛や抜け毛に悩む方のほとんどがAGAであるといってよいでしょう。AGAの特徴として、ヘアサイクル(毛髪の周毛期)の成長期が短くなる影響で、前頭部と頭頂部の髪が薄くなることが挙げられ、症状が一度現われると脱毛が進行していきます。

AGA(男性型脱毛症)

AGAの原因

AGAの発症年齢や進行する箇所・程度には個人差がありますが、一般的にテストステロン(体つきや体毛に作用して男性らしさを強める男性ホルモンの一つ)が人体に存在する酵素の一種である「5αリダクターゼ」という酵素と結びつくことで、毛髪を生み出す毛母細胞を萎縮させるDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。このことからDHT(ジヒドロテストステロン)が主な原因といわれています。

DHT(ジヒドロテストステロン)

体内での役目としては、成長期に男性機能を発達させる働きがあります。ジヒドロテストステロンが増える原因として、ジヒドロテストステロンを抑制する栄養素の不足、運動不足、ストレスなどが挙げられます。ジヒドロテストステロンが過剰となったとき、男性は薄毛や無駄毛の増殖、大量の皮脂に悩まされます。

AGAの治療

AGA治療の基本は、投薬治療(飲み薬や塗り薬)です。この治療法において、最もよく使われる薬が、「プロペシア」と「ミノキシジル」です。どちらか一方だけの使用に比べ、併用した場合の効果が高いです。

プロペシア
飲む育毛剤と呼ばれ、使用は男性限定です。プロペシアに含まれるフィナステリドという成分が、AGAの原因となるDHTが生成されるのを抑制する効果があり、生えることを目的としています。
ミノキシジル
頭皮に直接塗るタイプのミノキシジル外用薬は、副作用も少なく、頭皮の血行を改善し髪を作り出す毛母細胞に刺激を与え、発毛自体を促進する効果があります。また、長期間の使用を前提とする薄毛治療において安心できる薬です。

AGAの改善策としてできること

テストステロンを減少させ、ジヒドロテストステロンを増やしてしまう加齢以外の原因は、生活習慣にもあります。特に髪の毛を構成するたんぱく質・ビタミン・亜鉛などの栄養素が不足すると、AGAの進行を早めることになりかねないため治療を行うだけでなく生活習慣も見直すことをおすすめいたします。

食事

健康で丈夫な髪の毛をつくるには、食材から摂取した必要な栄養を頭皮に届ける必要があります。薄毛に対して効果の高い食べ物を摂取するようにしましょう。

たんぱく質
納豆、豆腐などの大豆製品、肉、魚、牛乳やチーズなど
ビタミン
にんじん、かぼちゃ、ほうれん草などの緑黄色野菜玄米や胚芽米ごま、ナッツ類レモン、オレンジ、いちごなどの柑橘類
亜鉛
牡蠣やあさりなどの貝類、ワカメ、昆布などの海藻類
コラーゲン
長いもやれんこん、鶏の手羽
睡眠
髪の成長には、「成長ホルモン」の働きが影響しています。成長ホルモンは主に眠っている間に分泌されるため、髪の成長には十分な睡眠時間が必要なのです。入眠してから約2~3時間後に成長ホルモンの分泌量が増えるため成長ホルモンを出すためには7時間程度の睡眠、最低でも4時間ほどの睡眠時間の確保が必要です。
運動
適度な運動も運動によって血行が促進されることで、頭皮環境が改善され、発毛するのに良い状態を作ることができます。発汗することで、AGAの直接的な原因であるジヒドロテストステロンを体外に排出することができます。

早期に治療を開始することで、全体的な治療費も抑えることができるため、気になることがある場合はお気軽にご来院、ご相談ください。

HIV・性感染症(STD)
即日検査

HIV感染や性感染症(STD)は性交渉によって感染する病気で、近年、若年層を中心に、かなりの勢いで広がっています。
当院では、検査当日に結果が分かる即日検査を行っております。

HIV・性感染症(STD)即日検査

HIVとは

HIVとは、Human Immunodeficiency Virus(ヒト免疫不全ウイルス)のことで、様々な病原体から体を守る「免疫」にとても重要な細胞である、「Tリンパ球」や「マクロファージ(CD4陽性細胞)」などに感染するウイルスです。
感染ルートは性行為による感染、血液を介した感染、母子感染があります。

性行為による感染

現在、最も多く確認されている感染経路です。
HIV感染者との性行為により、精液・膣分泌液・血液などが性器や肛門、口などの粘膜や傷口から体内に侵入することで感染します。
正しい予防法を身につけることで、感染を防ぐことが可能です。

2018年の報告では、性的接触によるものは87.9%を占め、中でも男性の同性間性的接触(MSM)によるものが74.4%となっております。
(出典:東京都ホームページ)

MSMとはセクシュアリティにかかわらず、男性とセックスする男性のことを指し、MSM(men who have sex with men)と表現されますが、ゲイ・バイセクシュアル男性が多くを占めています。
当院はLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル、トランスジェンダーの略)フレンドリーなクリニックであり、セクシュアリティを気兼ねせず受診していただけます。
守秘義務について徹底しておりますので、ぜひご相談ください。(検査については、電話にてご希望の時間帯をお伺いいたします。)

血液を介した感染

HIV感染者との注射器の共用(麻薬や覚せい剤など)や、HIVの混入した血液・血液製剤により感染します。現在、日本では、献血された検査により安全性が確保されております。
しかし、極めて稀ですが、輸血された血液から感染する可能性を100%排除することはできません。

母子感染

HIVに感染すると、妊娠中や出産時に子供に感染する可能性があります。
母乳にもHIVが存在するため、授乳による感染の可能性もあります。日本では、母親が感染している場合、母親にHIVに対する薬を内服していただき、母乳を与えない対策をとることで、子供へのHIV感染を大幅に抑えることができています。

治療について

即日検査も100%精確とは言えないため、もし陽性と出た場合は、ご希望のHIV拠点病院にご紹介いたします。

HIVとエイズの関係

HIV感染者が、その後治療を行けなかった場合、免疫力が低下し、健康な人なら感染しないような病気にかかるようになります。日本ではエイズ診断基準として、厚生労働省が23の病気(指標疾患)を指定しております。そのうち、どれか1つでも発病した時点で、「エイズ」となります。

近年、エイズが発症する前にHIV感染を発見することができれば、ほぼ確実にエイズの発症を予防できるようになってきております。
そして、HIV感染は「死の病気」から、「慢性疾患」と考えられるようになってきています。
そのため、HIV感染の早期発見がとても重要です。
当院では即日検査を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

性感染症とは

性感染症(STD)とは、感染者との性的接触により発症する感染症です。主に以下のような疾患が含まれます。

  • B型肝炎
  • 性器クラミジア感染症
  • 性器ヘルペスウイルス感染症
  • アメーバ赤痢
  • 尖形コンジローム
  • 梅毒
  • 尿道炎(淋菌性、非淋菌性)

性感染症は、自覚症状が出づらい場合も少なくありません。
性行為をして心配になった場合は、気軽にご相談・検査にお越しください。
当院では、当日に結果が分かる即日検査を行っております。

アンチエイジング

アンチエイジングの「アンチ」は「対抗」、「エイジング」は、「老化」を意味します。アンチエイジングを直訳すると「老化に抵抗する」という意味で、加齢による身体の衰えを可能な限り小さくすることです。当院では、高濃度ビタミンC点滴やプラセンタ注射を行っており、どちらもアンチエイジングの効果を得られる治療方法です。

アンチエイジング

プラセンタ注射

プラセンタとは「胎盤」を意味します。胎盤から抽出したビタミンやミネラル、アミノ酸やたんぱく質などの豊富な栄養分を含む若返り・疲労回復効果のある胎盤エキスを注射します。

胎盤エキス

日本国内の正常分娩で生まれた人の胎盤のみを使用して作られたもので胎児を育てる臓器である胎盤から有効成分を抽出します。胎盤には、たんぱく質・脂肪・糖質の三大栄養素をはじめ、アミノ酸やミネラル、ビタミンなど、100種類以上もの豊富な、栄養成分が含まれています。

胎盤エキス

プラセンタ注射の効能

  • 若返効果
  • しみ・そばかす・しわ・たるみの予防改善
  • 美肌・美白
  • 肩こり・腰痛
  • 生理不順
  • 冷え性
  • アトピー性皮膚炎
  • 花粉症
  • 肝臓機能の改善
  • 更年期障害など

注射を行った以後は献血ができなくなりますので、了承の上、受けましょう。ある程度継続して治療を受けプラセンタを体内に長く留め、徐々に効果を得ていくことが効果を実感するためのポイントです。

サプリメント相談外来

当院では、予防医学の一環として、サプリメント外来を行っています。
昔に比べ現代社会では、ストレスや不規則な食習慣などから健康や美容のためにサプリメントを飲む方は多くなりました。ですが、サプリメントの摂り方が自己流であることから気になる症状に効くもの、自分の体にマッチしていて体調改善に必要なものを摂れていない方もいらっしゃいます。
そのようなことにならないために当院では、診療をした上で、お悩みの症状・現在処方中のお薬・ライフスタイルに合わせて、最適・最良なサプリメントを選ぶお手伝いをさせていただきます。

サプリメント相談外来

サプリメントについて

サプリメントとは、健康食品に分類される食品で栄養強化食品、栄養補助食品などともいわれ、必要な栄養分を積極的に摂取し健康の維持増進のために利用されています。「サプリメントなんて、効かない」ということもいわれていますが、それは過去の話であり、現在では、医療の分野でも有効なサプリメントがみつかっています。サプリメントは有効成分の含有量によって効果が違い、お薬同様、飲み続けなければ効果は出てきません。私達は、ご自身に合ったメディカルサプリメントの提案だけでなく、今ご自身で選んで飲まれているサプリメントについても、適切なアドバイスを行います。

サプリメントの必要性

私たちは毎日の食事で栄養を摂っていますが、適切な量とバランスのとれた食事を摂取することは生活環境によって難しい場合もあります。食事の役割は大きく、不足したり過剰に摂ることで体に悪影響を及ぼす為、まずは食事や運動などの基本を大切にしてもらうのが一番ですが、それが難しい方はサプリメントをうまく活用して健康維持や病気の予防に役立てることが必要です。

サプリメント相談の流れ

①クリニックにて受付・問診表に記入
クリニックにて受付をします。問診表の簡単なご質問にお答えいただきます。

②問診
担当医師による問診を行います。
現在、服用中のお薬やサプリメントについて、お悩み、改善したい症状などについて詳しくカウンセリングをします。

★基礎体温表や健康診断結果を持参していただくとスムーズです。

③ご提案
患者様のそれぞれのお身体に合わせたサプリメントのご提案をさせていただきます。服用中のお薬との飲み合わせや飲み方、時間についてなども詳しく丁寧にお伝えさせていただきます。経過観察の為に、最初は短期での服用をお奨めしておりますので、服用中に疑問に思うことなどがありましたらいつでもお気軽にご相談ください。

にんにく注射

体に蓄積されてなかなか取れない疲れや倦怠感の原因は、疲労物質の「乳酸」の蓄積による場合がありますが、その疲労物質「乳酸」を燃やしてくれる効果があります。
運動や過労、ストレス、アルコール等によってビタミンB1の消耗が増えます。食事やサプリメントでもある程度補うことができますが、即効性を期待する場合には注射による補充が効果的です。

にんにく注射とは?

にんにく注射は疲労回復に重要な「ビタミンB1」をはじめとするビタミン類を豊富に含む、総合栄養注射です。血液を通して全身にビタミンを行き渡らせることで蓄積した疲労物質を排出してくれます。また疲労回復に即効性があり肩こりや腰痛、肌荒れの改善にも有効です。また、にんにく注射の後、微妙に、にんにく臭がするのは、ビタミンB1に含まれる硫黄が原因でこのにんにく臭が名前の由来ともなっています。(臭いはすぐに消え、揮発性成分ではないので、息がにんにく臭くなることはありません。)

ビタミンB1

糖質(炭水化物)から活動に必要なエネルギーを生み出すのに欠かせない物質で、脳の中枢神経や手足の末端神経の機能、心機能の正常化にも関わっています。炭水化物ばかりの食生活をしている方やお酒をたくさん飲む方、運動によるエネルギー消費量の多い方はビタミンB1の消費が激しいので積極的に補う必要があります。

にんにく注射の効能

  • 疲労回復
  • 冷え性の改善
  • 頭痛・肩こり・腰痛の緩和
  • 眼精疲労の改善
  • 肌荒れの改善
  • 新陳代謝の促進
  • 夏バテの解消
  • 風邪予防
  • 血行改善
  • 美肌効果など

水溶性ビタミンの配合剤ですので重篤な副作用はなく特に年齢制限もありませんので幅広い年齢の患者様にご利用いただけます。