練馬区石神井町の内科、
石神井公園駅前えんじゅ内科クリニック

苦痛の少ない内視鏡検査、男性更年期障害を中心に
幅広い治療を行います。

〒177-0041
東京都練馬区石神井町3丁目24-7 岩田ビル3階

西武池袋線「石神井公園駅」西口より徒歩0分

ブログ

【重要】熱がなく”喉が痛い””風邪っぽい”症状だけの方も「発熱外来」にお越し下さい

えんじゅ内科クリニックをご利用の皆さま

当院では平日は12時からと16時から、発熱外来の時間をとり、風邪のような症状のある方はこの時間内にお越しいただいております。

ところが最近、発熱外来の時間外に来られ「喉が痛いだけだから」「風邪っぽいけど私は大丈夫だから」と自己判断され、通常時間での診察を強く希望される方がおられました。

新型コロナと普通の風邪の区別は、検査を受けない限り、症状だけでは区別がつきません。

喉が痛いのも、ちょっと風邪っぽいのも、単なる風邪の初期症状かも知れませんが、もしかしたら新型コロナ感染かもしれません。

それは検査を受けることでハッキリします。幸いなことに、日本は新型コロナの検査が全額公費でできます。

こういうときだからこそ冷静に、一丸となって感染拡大を予防する取り組みをしましょう。

これは医療従事者も患者さんも区別なく、みんなで協力することがたいせつです。

どうか、自己判断で決めつけず、熱が出ておらず「喉が痛い」「なんとなく風邪っぽい」だけでも、「発熱外来」にお越しくださいますようお願いいたします。

*発熱外来は完全予約制ですが、時間は十分取っておりますので、予約をお待ちしております*

インフルエンザワクチン接種を開始しました

新型コロナウィルス感染症に加え、そろそろインフルエンザの時期に差し掛かってきました。

同じ風邪症状を呈するので、症状だけでは区別は付きません。重複感染というのも、可能性がないとは言えません。

インフルエンザワクチンを接種することで、インフルに罹患する可能性が低くなります(希に接種していても発症することはありますが、症状が軽くて済みます)。

今年度は、ワクチン接種について厚労省からの通達要項をうけ、

当院では

10月1日より、60歳以上の方の接種を優先して行います(65歳以上の方は区より予診票が届くと思いますので、ご持参下さい)

それ以外の方は、10月26日から

となります。

予約制ではありませんが、ワクチンの在庫の都合上、日程を決めて事前にお問い合わせくださると助かります。

そろそろ肌寒くなってきた折、新型コロナも感染の増加が懸念されます。備えを十分行い、この冬を一緒に乗り越えましょう。

診療時間の一部変更のお知らせ

現在、東京など大都市圏では、新型コロナの第二波とも言うべき感染が拡大しております。

当院は、早期発見と感染拡大の防止に努めていく所存です。

そのため、新型コロナウィルス PCR 検査を拡充する目的で

本日7 月 30 日(木)から、下記の通り、診療時間を一部変更させていただくこととしました。

⚫平日 午前:9:00~12:00 午後:17:00~19:00
土曜 午前:10:00~12:30

【発熱外来】*完全予約制となります。
⚫平日 12:00~13:00,16:00~17:00
⚫土曜 12:30~13:30

以上、どうぞご周知のほどお願いいたします。

新型コロナPCR検査のお知らせ

当院で新型コロナウィルスPCR検査が保険でできるようになりました。

*予約制となりますので、事前に必ずご連絡下さい*

【PCR検査が保険適応となりました】

対象となる方

1.発熱などの感冒症状のある、お子様~大人

(唾液を1~2mL、専用の容器に貯めることができる方であればどなたでも可能です)

2.新型コロナを疑う症状が出てから9日以内の方が対象です。

3. 新型コロナ感染症陽性だった方と濃厚接触のあった方(1m以内、15分以上の防護なしの接触)

4. 医師が必要と判断した方

5. PCR検査料は公費負担となり、診察料は保険ご負担分をいただきます。

 

【PCR検査の適応(自費)について】

新型コロナウィルス感染の疑いの症状がなく、かつ濃厚接触もない方で、PCR検査を希望される方は自費となります。

・新型コロナウィルスPCR(唾液) 28,000円 (診察・検査料,税込)

・診断書(必要な方) 4,000円(税込)

《注意点》

*唾液を採取しますので、検査を受ける1時間前は、飲食・および歯みがきはしないでください。

*新型コロナを疑う症状が出てから9日以内でなければ、正確な結果がでませんのでご注意下さい。

また、自費で迅速抗体検査も行っております。症状は軽快したけれど、コロナだったのかどうか、抗体(免疫)がついているかどうかを調べたい方はご検討くださいませ。

【転載】距離1m以上で感染リスク8割以上減少、マスクでも

新型コロナウィルスのマスク、ホントにどれくらい効果があるの?という科学的根拠もハッキリしないままつけてました。

ここで、アメリカの最高レベルの臨床系雑誌「ランセット」に掲載された報告を紹介します。

私たちがやってきたことは妥当であったということですね!

以下、かいつまんで説明。ごちゃごちゃした統計解析結果は割愛します。

**********

ウイルス伝播の予防に、人との物理的距離(フィジカルディスタンス)1m以上の確保、フェイスマスク、および保護眼鏡の着用が有効であることが示された。

解析は患者総数2万5,697例を含むデータを包含して行われ、結果は以下。

1.フィジカルディスタンスが1m以上の場合、感染リスクは約82%減少。1m未満の場合に比べ1m以上の場合に、大幅に低下した。

2.フェイスマスクの着用は約85%減少。

3.保護眼鏡の使用も感染リスクの低減につながった。

結びとして、「解析結果に基づき、公共の場および医療機関でのフェイスマスク、マスク、保護眼鏡の適切な使用を広報した方がよい。解析結果は現時点で得られる最善のエビデンスであり、現時点でのガイダンスとして利用可能と思われる」とまとめている。

*******

ちなみに、密閉空間でない外を自転車に載ったり歩いていても、マスクをつける必要はありません。

これから暑くなるので、むしろマスクつけっぱなしで脱水にならないよう、気をつけましょう。

 

【転載】「コロナ疲れ」が単なる疲労で済まされない理由

提供元:ケアネット 公開日:2020/07/07

「コロナ疲れ」が単なる疲労で済まされない理由

コロナ禍において、日本でも「コロナ不安」「コロナ疲れ」という言葉がメディアやSNS上で散見される。

現在、米国では国民の約半数がこの状況下でメンタルヘルスに支障をきたし、ワシントンポスト紙の調査によれば、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行拡大によるストレスレベルは2009年のリーマン・ショック時よりも高くなっているという。

2020年6月18日、2020年度第1回メディアセミナーがWeb開催され、堀江 重郎氏(順天堂大学大学院医学系研究科泌尿器外科学教授/日本抗加齢医学会 理事長)が「Stay Homeのアンチエイジング」と題し、疲れがDNAレベルにもたらす影響やその対策法を語った(主催:日本抗加齢医学会)。

3密回避によるストレスを溜めない方法-セルフ・コンパッション
「コロナ疲れ」とは、COVID-19というストレッサー(脅威)に対して心理的な闘争・逃走反応が続くことで、次第にネガティブ感情が増幅して生じる状態である。

堀江氏はコロナ疲れの原因の1つに在宅勤務(テレワーク)を挙げ、「『3密』(密閉、密集、密接)を回避した新しい生活様式を遂行するうえで推奨されているが、テレワークの増加に伴い、プライベートと仕事の空間が混在し、長時間労働になることでワーク・ライフ・バランスに悪影響を及ぼすことが研究報告されている」と問題点を指摘した。

この研究結果によると、ワーク・ライフ・バランスが崩壊することで、燃え尽き症候群になりやすく、仕事や人生への満足感が減ることが明らかになっていることから、回避策として「心のアンチエイジングが重要」と同氏は述べた。

一般的なアンチエイジング対策には、加齢に伴い増加する酸化ストレスをいかに抑制させるかが鍵となるが、心のアンチエイジングを保つための有用な方法として、同氏はセルフ・コンパッションを推奨。

セルフ・コンパッションとは、「あらゆる人の幸せを願う」「あらゆる人の苦しみがなくなることを願う」「あらゆる人の幸せを喜ぶ」「偏りのない平静で落ち着いた心」という、ダライ・ラマ14世の教えである。これにより、他人のために何かをしようとする前に自分自身を労ろうという考え(自分への優しさ、共通の人間性の認識、マインドフルネス)を意識することで、幸福感や打たれ強さ、つながり感が増幅し、ストレス・うつ・不安になりにくい体質が形成されることが明らかになってきている。

セルフ・コンパッションの効用をまとめると、

1)幸福感を高める、

2)ストレスを減少させる、

3)レジリエンス(回復力、弾性)が高い、

4)自己改善のモチベーションが高く自分らしい人生を送れる、などがある。

近年、セルフ・コンパッションの概念を持つ人はテロメアが長いことも報告されており、抗加齢医学の研究でも重要な役割を果たすとされている。

「コロナ疲れ」だけで済ませてはいけない理由

遺伝子の老化度を示すテロメアの長さはセルフ・コンパッションにより保たれる。

その一方、コロナ疲れのような心理的ストレスの影響を大きく受けている人ほどテロメアは短縮し、動脈硬化や心臓病の発症リスクが高くなる。

過去に性差を比較した研究2)では、男性のほうが女性よりも早くテロメアが短くなることも報告されている。

これらを踏まえ、テレワークをする男性が、寿命延伸やテロメアの長さを死守するため「コロナ疲れ」を単なる「疲れ」で済ますのは、リスクが大きいのかもしれない。

最後に同氏は「テレワークの増加により中年期以降のうつの増加も懸念される。酸化ストレスが免疫を抑制し、心理的ストレスがそれを助長することから、自宅でもハツラツと過ごすために、まずは自分自身をいたわるセルフ・コンパッションを学んでほしい」と締めくくった。

(ケアネット 土井 舞子)

新型コロナウィルス抗体迅速検査を始めました。

この検査は、新型コロナウィルスに対する免疫(抗体)ができているかどうかを調べる検査です。
新型コロナウィルス感染症は「風邪症状はあったけどそのうち治った」、「もしかしたらあのとき感染していたかも」…あるいはほとんど症状が出ないで自然に治ることもしばしばあります。

Driven-Flow®COVID-19 IgG/IgM 抗体テスト 8,000円(税込)

  • これは現時点で風邪のような症状があり、新型コロナウィルス感染症かどうかを調べて診断するための検査ではありません。
  • 糖尿病用のキットで少量の血液を採取し、所要時間7分で結果が判明します。
  • ウィルス感染の初期、および既に感染したあとに産生されるIgG, IgMの有無を両方検出できます。
  • 研究用試薬に分類され、結果の精確性は確かですが、陰性であってもウィルスの(検査時点での)感染がないことを完全に否定しうるものではありません。新型コロナウィルスの確定診断をするにはPCR検査を受けることを推奨します。

咽喉頭異常感症(ヒステリー球)が流行っているようです

新型コロナウィルスの影響で、「コロナ疲れ」「コロナうつ」という言葉も出てきています。

正直、私たちも新型コロナ疲れを実感します。マスクをずっとしていて、「あーもうヤだ!!」と外してしまうことがあります。

元々、密閉された空間で「3密」さえなければ、マスクをする必要はありません。外を散歩するとき、自転車に乗っているときなど、開放されている場所ではマスクは必要ありません。

それに、マスクを1日中しているとなんだか喉が詰まったような感じになるというか、痰がたまって咳払いをしたくなるのはよくあるのではないかと思います。

さて、それが高じると、「咽喉頭異常感症」または「ヒステリー球」という状態になることがあります。これは、ストレスや自律神経の乱れなどが積み重なってくると、のどから胸にかけての違和感・異物感・圧迫感などが生じる病気です。自律神経失調症や更年期障害、軽症うつ病・不安障害・ストレス性障害などの症状としてこの病気が現れることもあります。

もちろん、実際にのどに腫瘍などができているケースもありますから、まずは耳鼻科や内科で検査を受けるのは必要ですが、異常が見つからず、それでも症状が続く、症状が気になって日常に集中できない、不安が強くなり、抑うつ気味になる…それは心身のバランスが乱れているサインかもしれません。

この病気は更年期(40代~50代)の女性に比較的多く見られますが、性別年齢問わず心身にストレスがかかりやすいに発症しやすい傾向があると言われています。

これらの症状は、漢方や自律神経のバランスを整えるお薬で治療できますので、ぜひご相談ください。

診療時間変更のお知らせ

新型コロナウィルス感染症の影響により診療時間を短縮しておりましたが、5月11日(月)より、一部変更いたします。
【通常診療時間】
平日 午前診;9時~12時、午後診;15時~18時
土曜 10時~13時

また、練馬区の新型コロナウィルス検査センターの立ち上げにともない、発熱外来を再開いたします。
【発熱外来】
平日 午前;12時~12時30分、午後;18時~18時30分
土曜 13時~14時

当面の間、発熱外来は完全予約制とさせていただきます。
診療は院外エントランスでのコンパートメントにて。

ご不自由・ご迷惑をおかけしますが、患者さんもスタッフも、みんなで一丸となって協力しながら、感染予防と防護に努めていきましょう。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ゴールデンウィーク中の診療について

今年のゴールデンウィークの診療についてお知らせします。

現在も新型コロナ感染症による非常事態宣言中であり、当院は、4月29日(水)から5月6日(水)まで休診させていただきます。

中日の4月30日、5月1日、2日も休診となりますのでご注意下さい。

それではどうぞ宜しくお願い致します。

ページトップへ戻る